屋根塗装で天からガード【家は外からガードを頑丈に】

外壁に使われる塗料

作業員

外壁塗装を行なう際に業者が使っている塗料は約4種類あり、アクリル・ウレタン・シリコン・フッ素セラになります。それぞれ防止性や耐汚染性など性質や、耐久性や特徴が異なります。東京も塗装業者でも取り扱っている塗料ですが、外壁塗装を行なう際は事前にどの塗料を使っているか確認しておきましょう。塗料によって仕上がりや持ちが異なるので、事前に知っておくことで安心して塗装することが出来るのです。また業者によっては新しいタイプの塗料を取り扱っている場合もあるので、予算と照らしながら決めると良いでしょう。

東京では住宅の内装リフォームと同じ割合で、外壁塗装を行なう住宅は多く見受けられます。外壁塗装は住宅を長持ちさせるために重要な施工なので、マイホームで長く暮らせるようにと外壁塗装を行なう家庭が多いのです。さらに東京の専門業者では塗料にこだわっているので、従来の塗料を使うよりもさらに住宅を長持ちさせる効果を得られます。その塗料とはホームガードと呼ばれる塗料で、塗料の中でも優れたフッ素樹脂塗料よりもさらに高性能の塗料となっています。さらに住む人と周囲の環境に優しい水性の塗料なので、独特の臭いや有害物質を発生することがないのです。人にも環境にも影響を悪い影響を与えない塗料なので、安心して外壁塗装の塗料として使うことが出来ます。さらに1度施工すれば約20年は持つ耐久性にも優れているので、東京でも人気の塗料として多くの住宅の外壁塗装に使われています。

Copyright© 2017 屋根塗装で天からガード【家は外からガードを頑丈に】 All Rights Reserved.