屋根塗装で天からガード【家は外からガードを頑丈に】

施工を行うタイミング

婦人

目安となる現象を確認

姫路城がある事でも有名な姫路市は、一戸建て住宅が多く建てられている地域です。緑が豊かで閑静な高級住宅街に、学校が近い住宅街、スーパーなどの店舗が多い住宅街など、姫路市には色々な顔を持っている住宅街があります。ライフスタイルと照らし合わせて、住みやすいエリアを選べるという点も、姫路市が一戸建て住宅を建てるのに人気のエリアとなっているようです。姫路市だけでなく一戸建て住宅のマイホームに住んでいる方は、家のメンテナンスというものが必要になってきます。特に家の顔となる外壁部分は、外壁塗装によってメンテナンスを行いましょう。外壁塗装は、ただ塗料で外壁を綺麗に整えるだけではありません。経年劣化による外壁の傷みを、外壁塗装によって改善する事が可能です。通常、新築時から約7年から10年程度で、外壁塗装によるメンテナンスが必要と言われています。新築時からどのくらいの期間が経っているかが、外壁塗装を行う1つのメンテナンスとなります。また、実際に外壁の状態を見て、塗装を行うかどうか決めるという方法もおすすめです。外壁塗装を行う目安となる現象に、チョーキングというものがあります。外壁を触った時に白い粉がついた場合、劣化によってチョーキング現象が起こっています。チョーキング現象は壁の耐水性能が落ち、塗料に含まれる顔料が壁表面に浮いている状態です。こうなっていると、ほとんど防水機能は働いていません。チョーキング現象を放置してしまうと、ますます壁の劣化は進んでしまうので、外壁塗装でメンテナンスを行いましょう。

Copyright© 2017 屋根塗装で天からガード【家は外からガードを頑丈に】 All Rights Reserved.