屋根塗装で天からガード【家は外からガードを頑丈に】

発電量がアップ

ソーラーパネル

設置のメリットや保証

家庭用の太陽光発電では、一般的には住宅の屋根に専用のパネルを取り付けることになります。このパネルが浴びた太陽光が、内部にある太陽電池によって、電気に変換されるという仕組みになっているのです。したがって、パネルを多く設置した方が、発電量は多くなると言えます。しかしパネルは1枚あたりの重さが約15キロとなっているので、屋根への負担を考慮すると、設置できる枚数は20〜30枚が限度とされています。もちろん、屋根の広さや形状による制限もあります。しかし昨今では、1枚が約12キロという、比較的軽量な太陽光パネルが開発されるようになっています。さらに形状にも工夫が凝らされ、屋根の隅々にまで隙間なく設置できるようになりました。加えて発電効率も、従来は約15%だったのですが、現在では20%ほどにアップしています。これらにより、従来よりも多くの太陽光を集め、多く発電することが可能となったのです。設置費用は約150万円と高めですが、発電量が増えた分、経済的なメリットも多くなりました。家庭でそれだけ多くの電気を使用できるということですし、余った分は電力会社に買い取ってもらうこともできるのです。さらにメーカーにもよるのですが、パネルには10年ほどの保証期間が設けられています。汚れや劣化などで万が一発電量が少なくなったとしても、保証期間内には無料で改善してもらえるので、その点からもコストパフォーマンスが優れていると言えます。

Copyright© 2017 屋根塗装で天からガード【家は外からガードを頑丈に】 All Rights Reserved.